栃木県児童生徒の体力・運動能力調査

調査の概要

この調査は、県内の児童生徒を対象に「新体力テスト」を実施し、児童生徒の体力・運動能力の現状を明らかにするとともに、行政上の基礎資料を得ることを目的として行うものです。

文部科学省では昭和39年以来「体力・運動能力調査」を実施してきました。以前は「体力テスト」「運動能力テスト」の2種類のテストを行っていましたが、平成11年からは「新体力テスト」に統一して行うことになりました。これは、国民の体位の変化・スポーツ医科学の進歩・高齢化の進展などといった要因を背景として、測定種目を現状に合ったものに変更したものです。

「新体力テスト」における児童生徒を対象とした種目は「握力・上体起こし・長座体前屈・反復横とび・20mシャトルラン(往復持久走)・50m走・立ち幅とび・ソフトボール投げ(6~11歳)もしくはハンドボール投げ(12~18歳)」の8項目になります。

令和3(2021)年度調査関係資料

本県児童生徒の体力

調査報告書「本県児童生徒の体力」を発行し、関係機関へ配布しています。過去の報告書の内容は以下のとおりです。